魚沼産コシヒカリ 新潟県 魚沼産 コシヒカリ 新米 魚沼コシヒカリ

南魚沼産コシヒカリの生産農家、阿部正雄の直販サイトCO2削減農法
TEL:025-782-3336

農薬:栽培期間中不使用自然栽培米 魚沼産コシヒカリ ギフト 09.27 オランダを合わせ鏡として日本の農業を見る!

日蘭の大きな収量差はなぜ?

筆者は昨年の11月にオランダを訪ねた。同国の経済・農業・イノベーション省の招待で、それは筆者にとって初めてのオランダだった。

オランダ農業のほんの一部を見ただけであるが、旅の感想を一言でいえば、日本農業は先進国のそれと言うに足る技術レベルにはないという敗北感だ。さらに、保護された安楽さの中でチャレンジ精神を失った“日本病”とでも言うべき日本の農業。そして“精神の鎖国”とでも言うべき精神状態の中にいる日本を改めて痛感させられたことである。

国際連合食料農業機関(FAO)の統計で我が国とオランダとのトマトや小麦、ジャガイモの平均収量の差が大きいことはかねて知っていた。しかし、現地に行くことで、日頃、「敗北主義が利権化している日本農業」などと言って“負け”を認めたくはない筆者といえども、むしろ素直に負けを認めるべきだと思った。それは気象条件や品種の違いなどの理由を語る以前の問題を含めてである。

図1を見ていただきたい。これは、FAOのデータから日本とオランダの小麦とジャガイモとトマトの10a当たり収量を1860年から比較したものである。単位は10a当たりに換算してある。

まず小麦に関して。2008年で比較すると、オランダの10a当たり平均収量は828kg。日本の平均は323kg。農水省の発表による平成23年(11年)産小麦の全国平均収量は351kgだ。北海道の417kgが都府県265kgを引き上げているのである。そう言う北海道といえども400kg台。オランダの平均収量の半分にも足りないのである。

ちなみに、世界2 位のオランダは1位のベルギー(846kg)とともに800kg超で群を抜いて多収であり、それに次いでアイルランド、デンマーク、英国、ドイツ、ニュージーランド、フランスなどの順で700~800kg台で続き、日本の323kgは42位である。ちなみに米国は日本よりさらに低収量の288kg(51位)だが、米国はオーストラリア(160kg・85位)などとともに潅水設備が無ければ大幅に減収する砂漠地帯での小麦作である。


http://agri-biz.jp/item/detail/7398?item_type=1

魚沼産コシヒカリ ニュース・新着情報

魚沼産コシヒカリ 農薬:栽培期間中不使用自然栽培米の作り方を画像で紹介 魚沼産コシヒカリ 農薬:栽培期間中不使用米 自然栽培米 農薬:栽培期間中不使用玄米 自然栽培玄米魚沼産コシヒカリ 農薬:栽培期間中不使用米 自然栽培米 農薬:栽培期間中不使用玄米 自然栽培玄米

魚沼産コシヒカリ 農薬:栽培期間中不使用自然栽培米の作り方を画像で紹介 農薬:栽培期間中不使用米 農薬:栽培期間中不使用玄米 自然栽培玄米